author : 小河内英紀
BONADEA・レーズンサンド

みなさん、こんばんは。

ふえふき旬感ネットの小河内です。

大変ご無沙汰していますが、今日はピンチヒッターということで随分久し振りなのですが、テーマが「今年〜来年おすすめの笛吹市の物産」という事ですので、私どもNPO法人ふえふき旬感ネットの連携事業(農・商・工・福祉)として、今年生まれた「BONADEA・レーズンサンド」を紹介します。

先ずは写真をご覧下さい。

BONADEA・レーズンサンド
(クリックで拡大します)

通常市販されている大きさ(右端)のレーズンサンドですが、違いはご覧の通り大粒干しぶどうが4個入っています。ただし、この干しぶどう、純国産でしかも笛吹市八代町産のロザリオビアンコで農家や圃場までトレース出来るものです。今年9月に収穫し、房ごと干しぶどうにして一粒ずつ茎から外し種を取ったものを使っています。

干しぶどう自体は、完全オイルフリーで一切の添加物は使っていませんので、国産、外国産含めて、これまでのようなベタベタとした質感が全く無く、果粉まで確認出来るくらいにドライなのが特徴です。

そんな干しぶどうを使ったレーズンサンドなので、果肉の食感とフレッシュでぶどうの旨みを堪能出来る味わいに仕上がっています。有名所のレーズンサンドやバターサンドなど含め、なかなか国産干しぶどうを使ったレーズンサンドというのが実在しない中、やっぱりぶどう生産量日本一の山梨としては、その証として、「山梨でなければ出来ないスイーツ」として、レーズンサンド(特にレーズン)に拘ってみました。

そして、左端の小さいのが「プチグランデ」という商品名の、一粒サイズのレーズンサンドです。あえてこの大きさのレーズンサンドを作ってみました。粒の大きさを感じて欲しかったのと、一口サイズでサブレの食べこぼしなど気にせず食べられる、プチだけれど満足感はグランデという、産地でなければ出来ない逸品になればと思っています。

BONADEA・レーズンサンド
(クリックで拡大します)

そんなわけで、久し振りの寄稿がコマーシャルになってしまって恐縮ですが、ともあれ山梨・笛吹に拘った商品ですので、機会がありましたら是非お試し下さいませ。

販売場所:
山交百貨店地下、富士急百貨店地下、ふえふき旬感ネットwebサイト

 author : 小河内英紀 | ゲストライター | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
author : しず子
今週末、小瀬スポーツ公園へ!
 間一髪!

編集長に今週の記事を頼まれていました。
間一髪で、忘れるところでした。すみません。

「間一髪」で助かった、と言うことは、今までの人生の中で、
意外とたくさんあったと思います。

今までで、一番思い出すことは、10年前の交通事故です。

これは、前にも、ふえふきタイムスに書いたことがあるような、、、

交差点での、左から来た信号無視の車との接触事故。

警察の人には、あと、0.01秒でも早く交差点に入っていたら、
助手席に座っていた三女は亡くなっていた、と言われ、ゾッとしました。

「交差点では、信号が青でも、横から来ている車が止まっているかを
確認しなければならない!」と注意されました。
それからは、いつも、確認しています。
こわいです。

毎日、車に乗っていますが、事故もなく無事に家に帰って来られることに、
感謝しなければならないと思います。


今日の芦川は、氷点下2.5度まで冷え込みました。

道路の凍結など、気をつけて運転したいです。


ここで、宣伝です。

県民の日

11月19日(土)、20日(日)

小瀬スポーツ公園で、

国際交流センター主催の「国際フェスタ2011」の会場で、
「マパ」が出店させていただくことになりました。

久しぶりの「タコス」、
食べにきてください!


「国際フェスタ2011」

場所 小瀬スポーツ公園 体育館と第一駐車場の間

日時 2011年11月19日、20日
     10:00〜15:00





 author : しず子 | ゲストライター | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
笛吹市民がつながる???
 こんにちはゆうゆうママです

今年で3年目を迎える市民協働フォーラム(名前が硬っ)も
いよいよ色んなことが決まってきました。

テーマは、3月の震災もあって、絆とかつながる、つなぐなどがワードとしてあがり、
絆・つながろう笛吹 つなげよう未来(あした)!!」に決定

日時は平成24年3月3日(土)4日(日)スコレーセンターです。
メインイベントとして去年同様、伝統芸能に加え、ママたちがずっと要望していた
映画「うまれる」の上映が行われます!!!
http://umareru.jp/

監督さんが、長年問い続けた自分が生まれてきた意味。
子どもがいる人もいない人も。これから親になる予定の人も。
子宮出身のすべての人に見ていただきたい映画です。

みんな、楽しみにしていてね
フードコーナーもたくさん出るよ〜〜〜

 author : ゆうゆうママ | ゲストライター | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
author : しず子
7・なな・セブン
 こんにちは!

またまた、しず子です。


今日は、笛吹市誕生、七年目の日だそうです。
おめでとうございます!

七年前って、何をしていたんだろう???

まだ、芦川は、笛吹市ではなかったんですね。


「7」という数字、好きです。


毎月、7日がくると、うれしくなります。

ああ、また、7日が来た〜!

一ヶ月、がんばれた〜!と。


うちの、日めくりカレンダーの言葉は、

「どん底の苦しみを暫くの間じっと耐えていれば
 必ず運命はよくなる
その人に耐えられない苦しみはない」

この言葉に毎月勇気づけられ、がんばってきたな〜。

きっと、人、それぞれ、人にはわからない苦しみってあるんだろうな。


元気になれる、7。



 author : しず子 | ゲストライター | 22:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
author : しず子
読書
 お久しぶりです!

しず子です。


2月にレギュラーライターを引退してから、7ヶ月ほど経ちました。


7ヶ月の間、嫌なことが多く、心が折れそうになっていました。
(嫌なこととは、主に、バイト先の上司が、細かいことばかり言うので、「ヤダー!」
ということなのですが。)


最近、何かいい本があるかもしれない!と、本屋へ行って
いろいろな本を見ていました。

そこで、見つけた本です。

「折れない心をつくるたったひとつの習慣」植西聰著 青春出版社

「書くだけで人生が変わる 嫌なことノート」嫌なことノート普及委員会



この2冊、立ち読みしただけなのですが、
本を探しながら、本屋さんにいるだけで、
すこしずつですが、嫌なことが減っていきました。

本屋さんへ行って、いろんな本を見ているだけで、必要なことばとか
その時の自分にヒントになるような言葉を見つけることができるんだな
と、あらためて本の力を再確認しました。


実は、その本屋さんで、偶然、火曜日のライター、日原さんに
会ったんです。
久しぶりに、日原さんに会えて嬉しくて、
「嫌なことがあっても、がんばれる!」と思えました。
会うだけで、元気になれるなんてスゴイです。
ふえふきタイムスの仲間に会ったら、元気もらえるんだろうな〜。
次の、飲み会(?)には、バイト、休んで行こう!





 author : しず子 | ゲストライター | 22:48 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
バカにつける薬はない?!
2年半ぶりの登場
白ねこさんの留守中、ちょろっと出現する予定のゆうゆうママです



いやぁ〜〜2年半ぶりって、久しぶりな感じ・・・
古巣に帰ってきたってこんな感じなのね


さて、薬ね。
いきなりむずかしいテーマですね。

ゆうゆうママは、子育て支援に関わるお仕事をしているんだけど

この業界(子育てNPO)には、バカってくらい一直線になる人が多い。

まず、相当の奇人変人でなければやってないかもしれない

自分の時給計算をするとやってられないから、お金のことはあまり考えないようにしてる

その分、親子の笑顔を見るようにしてる

どうやったらこの笛吹市でみんなが楽しく子育てができ、その子どもたちが

自分もここに住みたいって思えるか・・・

そんなことを常にぼ〜〜っと考え、事業化してみようかな〜なんて考えるワタシ

ワタシも漏れることなく、正真正銘のバカ

どなたかバカにつける薬を知りませんか


そうそう、ゆうゆうママたちが作っている県域のネットワーク、

やまなし子育て応援ネットワークはぴはぴが主催する交流セミナーのお知らせです。

子育て支援・応援している人やこれから予定のある人が対象です

お申し込み待ってま〜す


◆セミナーチラシ【表】(サムネイルをクリックするとPDFファイルが開きます)

やまはぴセミナーチラシ(サムネイル)

◆セミナーチラシ【裏】申込用紙(←クリックするとPDFファイルが開きます)

 author : ゆうゆうママ | ゲストライター | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「笛吹の芽」
こんにちは!ゆうゆうママです♪

ふえふき☆タイムスも4年目ということで、おめでとうございます。

今回のテーマの「笛吹の芽」は、ズバリ子ども!

笛吹市の将来は、子どもたちがにぎっているのです。
この大切な子どもたちを取り巻く環境を私たち大人は真剣に考えてみましょうよ。
山梨出身でない私がいつも思うのは、こんなにすばらしい自然を全然活かしていない!ってこと。

全国に展開されているプレーパークや冒険遊び場のような子どもたちが
のびのび遊べる公園を作ったり、自然体験ができるようなことをもっと考えていけたらいいと思うのです。

勉強も大切だけど、心が震えるような体験を通して子どもは成長していきます。
この心が震えるような体験は、バーチャルな世界には存在しません。
笛吹の豊かな自然を活かした子育て環境をまずはみんなで考えてみませんか?

ということで、2月20日の市民協働フォーラムで子育て座談会をやります。
テーマは「笛吹市の子どもの遊び場を考える」です。
12:30〜14:00 スコレーセンター2Fで行いますので、参加したい人、聞きたい人募集しています。

最近は、地域主権の時代だなんて騒がれているけど、本当に大切なことは市民がいかに市政に関わっていくかですよね!
笛吹市の将来の芽をみんなで守り、育てていきましょう!!!

 author : ゆうゆうママ | ゲストライター | 13:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
祝100回記念!!!
 おめでとうございます

おひさぁ〜〜、ゆうゆうママです
みんなよくがんばったねぇ〜〜〜
100回ってすごいよね。
お祝いを一言と思い、担当日だった日曜日に投稿です


なかなかコメントも書けませんが、ブログは拝見させていただいています。
そして、今でもマンキーの言うとおり、メンバーのことは昔からの仲間のように私も思っています


今年はなんかやりますか
このメンバーだったらおもしろいプロジェクトが組めそう


まぁ、相当個性が強い人ばっかりなので、熱いトークで夜が明けそうだけど編集長が寝不足にならない程度におさえなくっちゃね


このふえふきタイムスがたくさんの人に愛され、市民ひとりひとりが
笛吹市のことを思えるよう、願っています


ライターのみなさんは、その先頭になってこれからも発信しつづけてね


編集長&しずこさん、ギリギリになってしまいましたが新年会参加でお願いしますみなさん、熱い夜をお楽しみに こわい
 author : ゆうゆうママ | ゲストライター | 14:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
author : 小河内英紀
今年の思いっきりローカル10大ニュース
世間では悲しい事件、事故、そしてゲリラ豪雨にみられる異常気象や教育の現場や公的機関での不正、また政治不信や世界的経済恐慌による、様々なニュースが伝えられた1年でした。それぞれが大変重大なニュースであったわけですが、間もなく2009年、気持ち的には一度リセットして新しい年を迎えたいものです。ですので、私の場合は思いっきりローカルな10大ニュース(順位はありません)という事で思いついた順に以下の通りお届け致しますが、まぁゲストという事で日頃書かない分、長めに書きます。お許しを、、、。

‖子の進学
高校から大学への進学まで、文武両道を貫き通した事でしょうか。
3年間続けてきた部活動の集大成として、昨年暮れの31日までサッカーを続けられた事で、厳しい日程の中センター試験や何校かの受験と、全部県外であった為車で同行したり、時には出題を手伝わされたりと、今にしてみると良い思い出になりましたし、志望校への合格の声を聞いた時はそれまでの苦労が吹き飛びました。もっとも進学後、あるいは社会へ出てからの方が大変だとは思いますが、大学の受験生を持った親としては1年生だったもので、決まってから送り出すまでの数ヶ月間は、親としての人生観が変わった時期でもありました。

▲献絅咼軾愿庁複瓜栂院「田中 誠」退団
我が愛する「ジュビロ」が最後の最後でJ1に残れた事。今年の順位については戦術以前の問題で、数年前から個人的には不安視していた事なので、正直こういう事態に陥る事に対しては遂にという感じでした。まぁ、なんとか残らせていただけたので来シーズンは頑張って欲しいものですが、不安視していて覚悟があったにせよ、家族全員この1ヶ月は物凄く疲れました。そして、「名波 浩」の引退も寂しいのですが、長年ディフェンスの要として活躍した「田中 誠」の退団が、未だに残念でなりません。クラブが契約しないという以上、どうする事も出来ないのがプロの世界、現役にこだわる以上別のクラブからのオファーを待つしかありませんが、彼のサックスブルー以外のユニホームを着た姿がイメージできません。

5kgの減量
10月1日よりウォーキングを始め、週1回の割合で休みをとり、現在までに約400kmを歩きました。6月の人間ドッグで諸々指摘をされまして、遅ればせながら一念発起。au携帯のRun&Walkの機能を使い、歩いた距離やコース、歩数に消費カロリーと、まったく便利なものがありますね。こういうものがあると明確な目標設定を立てやすいので、やる気も倍増しますね。2ヶ月半で5kgの減量なので、比較的ゆっくりと落ちてきていますので、周りの人もそれ程気が付きませんが、腰のベルトは明らかに緩くなりました。今後の目標は結婚前(21年前)の体重、70kgまで落とす事、でもあと9kgも落とさなきゃいけないんですよね、、、。

ど鯑困傍磴された
他のライターさんも書かれました通り、我が家でも今年は天候不順により大房(特に甲斐路)系葡萄に泣かされました。栽培地によって品種は様々でしょうが、この界隈の農家は例年から比べてかなりの割合で品質を落としたようで、減収に直結してますね。農業経営も厳しい時代ではありますが、創意工夫、または徹底管理を励行し、多少の悪天候には打ち勝てるよう頑張りたいですね、、、。

デ確舛旅眛
どうしても燃料の高騰=ガソリンという風に連想されますが、実は私の乗用車は軽油でして、農機具や軽トラ、嫁さんの車なども含めても割合からすると半分に行かないまでも、結構軽油の消費量が多いんですよね。ですので、今年の乱高下に伴うガソリンの下げ幅との格差にかなり腹が立ってますね。高騰時はガソリンと同様に単価がグングン上がり、ここへ来て下がったのは良いのですが、その下がり方ときたら、もはや軽油消費者をバカにしている感じで、少し下がったとはいえいつまで高値止まりのままなのか、ホント勘弁してもらいたいですね。もっとも燃料の高騰で、世間の消費者が今まで以上にエコランに気を遣うようになった事だけは、世の中にとっては良かったんでしょうね。

ν雹襪墨郡
50才やや手前にして、いよいよ目に来ています。軽度の乱視は元々ありましたが、それに加えて最近は老眼が入ってきて、朝刊などを読む時は特に違和感を感じますね。また、夜の会議での手元や黒板。近くを見たり少し遠くを見たりと繰り返すのに、眼球の筋肉が付いていかないんでしょうね、遠近両用が必要になってきたかなぁと、つくづく思うこの頃です。

BROOKS(ブルックス)
お気に入りのシューズメーカー(アメリカ)なんですが、実は履いていたブルックスのランニングシューズが大分ソールが減ってきたので、新しいシューズを買おうと県外へ行く度に取扱店に寄ってみるのですが、その度に合うサイズが欠品してるんですよね。取扱店が山梨には無いので仕方ないのですが、今年になって栃木、東京、東京、と3度取扱店に行ったのですが、ホント偶然に売り切れているみたいで、まったく何なんだろうって、、、、。このメーカーはランニングやウォーキングに絞って、かなり人間工学的、医学的見地からも作り上げられているので、正直、今まで履いたランシューの中では一番足にフィットするし、歩きやすいし、履き込んでも結構衝撃吸収性も続くので気に入ってるんですよね。でも、無いんですよ、26cmが。通販もあるのですが、フィットするとは言ってもシリーズが変われば多少不安もありますので、実際に試し履きをして買いたいですよね。まぁまた新年早々に遠出をしてみたいと思いますが、何だか新年の運試しみたいです。http://www.brooks-running.jp/lineup.html

┻ヅ
春の大型観光キャンペーンで中央線をSLが走りました。偶然にも陸橋から見かける事が出来たのですが、その事よりも、そのしばらく前に農作業中の畑で甲府盆地の空に響き渡る遠くの汽笛を聞いたんですが、この音が何とも言えず感動しました。遠くの汽笛なので、決して大きい音として聞こえたわけではありませんが、それでも空に抜けるように響き渡る力強さみたいな、、、、。今のように色んな交通網が発達していなかった時代では、おそらく日常生活の中でそういった汽笛や、チンチン電車の音や、色んな音があったんだろうなぁと思いました。別にその時代を生き抜いてきたわけではありませんが、電子音じゃない音って、どこか懐かしいですよね。

娘の捻挫
中学1年生の娘がバレーボールの練習中に足首を捻挫しました。このての怪我は娘にとっては初めての出来事で、娘自身もアイシングやバンテージを巻いた自分の足の扱いに戸惑い、あたふたとしていました。たぶん捻挫をしたという事で、足を付く怖さ、怯えに似た感じで、本人はいたって真面目なのですが、最初は腰の引けた格好に笑ってしまいました。まぁ、笑えるくらいの程度の捻挫であった事が幸いでしたが、腫れが引いた後の毎朝のテーピングが私の日課になっています。朝練への参加の為早く起きなければ成らず、もうそろそろ開放されたいですね、、、。

母の骨折
これがナント偶然にも、上にも書きましたが娘が捻挫をした日に実家の母が足を骨折。日曜日の為、向かった救急医も同じだったんですがタッチの差ですれ違い、しかもその病院は義理の姉が努める病院。当日の夕刻に電話連絡を受けビックリしました。年も年だけに若い人のようには行かないので、暫くはリハビリが必要になるそうでが、何も同じ日に怪我をしなくてもって、、、。まさか孫の捻挫が呼び水に、そんな事はないのでしょうが、年内には戻れそうなので一安心。とは言え、暫くは一族のもの皆、足下には注意!

と、まぁどっちでも良いスーパーローカル10大ニュースでしたが、また来年も年2、3回の登場?くらいになると思いますが、よろしくお願いします。
 author : 小河内英紀 | ゲストライター | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
author : 小河内英紀
フットパス
ご無沙汰しております。
ゲストライターの小河内です。

久し振りの寄稿となりますが、丁度この時期
大房系ぶどうの収穫、出荷・発送と追われておりまして
思うように時間が取れず、締めきりに向けて
ねじりハチマキ状態です。

そんな中ではありますが、今回のテーマが
『笛吹市でフットパスをしてみたい』という事で、
まぁ、多少なりともウォーキング系のプログラムに関わりを
持っている者として、少しだけ書かせていただく事にしました。

先ずテーマに出てくる「フットパス」ですが、
友人がスタッフ参加しているので
勝沼のフットパスについては以前から知っていました。

内容等はともかく、今まで多く見てきているウォーキングプログラムと
それ程違いは無いのでしょうが、やはり名前の付け方で
世間での捉えられ方や、主催者側もオリジナリティを
出そうとするところが伺えます。

フットパスの言葉の響きについては、最初は聞き慣れないもので
やはり他の方が書かれていましたように、
日常的にはフットサルの方が耳についていましたので
私もその類のものかと初めは思いました。

そしてその名称など、言葉の持つ響きや字の並びって
結構印象深く刻まれますよね。
なので初めて聞いた時は、何じゃそれ?って感じでしたが
ディスプレイ上で見ると、これがまた「フットバス」(ふっとばす)に見えたりして
なぁ〜んだ、足湯かぁ、、、、って変に納得。
見間違いに気づくまでの間、結構真剣に「フットバス」を
考えていたりして、一人でウケてしまいましたね。

まぁ、それはどうでも良いのですが
何れにしましても「フットパス」、世間では先行地域もありますし、
笛吹市は温泉も沢山ありますから
やはりここは「フットバス」でしょう!これしかないですね。
足湯ルートをコースに入れてウオーキングをし、疲れを「吹っ飛ばす」。

フットパスが認知されればされるほど、
それに引っかけた「フットバス」が生きてくるので
全国に同じような足湯巡り(湯巡り)があったにせよ、
フットバスという名称で早く継続実施すれば、
何れYAHOOあたりで「フットバス」のキーワードで検索しても、
足浴器ではなく、「笛吹市のフットバス」という
足湯巡りのウォーキングツアーというような補足が付いて
ヒットするんじゃないでしょうか。

将来的には、温泉街周辺の散策ルートの整備は
不可欠だと思いますが、公共以外の温泉施設で
それぞれ趣向を凝らした足湯を作り、
足形の通行手(足)形?を持って巡ったりしながら
風情や地場産品を楽しんだり、
或いはスポーツ系のコース設定などもレイアウトしたりと、、、。

こういった事は考え始めると妄想の世界に入り、
夢は無限大ですね。

さて、冒頭に書きました「多少なりともウォーキング系の
プログラムに関わりを持っている者として」とありますが、
実は私自身も「フラワーマーチ・一緒に歩いてみませんか」という
春の桃源郷を歩くプログラムを2年前から始め、実施しております。

この中で紹介してます。→http://www.harvesthome.net/misaka4.htm

初年度はまったくのプライベートで募り、
2回目の今年はNPOとして募って開催しました。
初年度は26名、今年が約70名の参加人数で、
日頃は歩かないような農道や畑、山裾の道、または学校の生徒でさえも
上がった事のない、御坂中学校屋上からの一面360度、
満開に咲く桃畑や南アルプスに向けた眺望を堪能したり、
また、神社仏閣などの文化財も、ボランティアガイドにお願いして
説明などしていただきました。

道中では、桃や葡萄の栽培方法や小ネタも披露したり、
農作業中の方がいれば畑に入って話し込んだりと、
ウォーキングではありますが、かなりゆっくりと歩き、
ふれあう時間をとりながらのフラワーマーチです。

初回は、ある行政区の本当にローカルなお祭りにも
ウォーキングの途中で流れ込み、太鼓を敲かせてもらったり、
ビールやおつまみなどのもてなしも受けて、
参加者の殆どが県外者でしたが、その自然だけでなく、
人との関わりを地域の中で感じる事が出来て、
それが一番感激したようです。

また、フラワーマーチという名前ですが、
10年以上前に御坂地区で行ったウォーキングの名称だった事と、
「となりのトトロ」のオープニング曲で
「歩こう 歩こう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう〜」っていう、
ちょっとマーチっぽい感じで歩く姿がイメージに合っていたから、
そして何よりも笛吹市が一番美しく輝く季節「春」の花の中を
歩きたかったからです。

勿論、桃の花がメインではありますが、場所によっては
同時期に桜やスモモ、道端や畑に咲く野草、軒先に植えられた水仙など、
諸々の花たちが大合唱で、フラワーマーチに決めました。

そして、またそれとは別に御坂地区の体育指導委員として
10数年前から毎年11月23日に1日の予定で
ウォークラリーなども企画運営しております。

今年も勿論行いますが、笛吹市内でも毎年冬場に
市民ウォーキングも開催しておりますので、
ぜひ一度そんなものにも参加され、市内ウォーキングを
体感されると良いのではないでしょうか。

長くなりましたが、フットパス(個人的にはフットバス)、
実現出来ると良いですね、、、、。

 author : 小河内英紀 | ゲストライター | 20:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Page: 1/2   >>

ふえふき★タイムス on Twitter &笛吹のみなさんのつぶやき

TweetsWind

 ★お知らせ★


ハイチ大地震に義援金を! あなたにもできる支援! 「ハイチ友の会」

郵便振替:通信欄に「震災支援のため」と記載し、ハイチ友の会[郵便振替00130-4-14940]へ。
問い合わせ先:ハイチ友の会事務局(電話)055-237-5126
ハイチ友の会代表ブログ 映画「ミラクルバナナ」


日本ユニセフ協会 ネットバンキング、クレジットカード、コンビニ送金も可能です。

 東日本大震災 義援金等受付

 カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
 今週のテーマ(月曜〜日曜)

 

 テアトル石和 上映情報

  • 好評上映中
  • テアトル石和 インフォメーション


     レギュラーライターの紹介
  • 月 178
  • 火 日原達仁
  • 水 白ねこ
  • 木 amegon
  • 金 たえ
  • 土 げんた
  • 日 チェシャ猫
  •  ゲストライター (不定期掲載)
     Let's 芦川

     おすすめ

     最近の記事

     レギュラーライター ウェブサイト

     ゲストライター ウェブサイト

     コメント

     トラックバック

     過去の記事

     カテゴリー

     ふえふき★リンク

     つながる★リンク

  • みなさまの縁をとりもつ隊
  • ワインツーリズム笛吹公式ブログ
  • よっちゃばるネット笛吹


  •  ふえふき★タイムス編集部
    ふえふき☆タイムス ワイドバナー
    リンクはご自由に!リンク方法はこちら

     Search

     Mobile

    qrcode

     Powered


    無料ブログ作成サービス JUGEM




    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログ 山梨情報へ

    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 笛吹情報へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

     
    このサイトを登録 by BlogPeople

    山梨の検索サイト|Y-LINK!(山梨リンク) 

    山梨の情報サイト@Yamanashi   人気ブログランキング